2017年11月11日土曜日

今更ながらKindleが凄くよかった

しばらく眠っていたアマゾンKindle(キンドル)を、3週間のフィジー旅行に持って行きました。そのとき、Kindleがあって良かったー!と思ったので。


スマートフォンでもアプリを入れたら見られるのですが、スマートフォンは地図を見たり調べ物をしたりで、なるべく電池を消耗したく無い。なのでわざわざKindleを持って行ったんですね。

トランジットの5時間とか、雨で外に出られないとき、そして優雅にプールサイドにもKindleを持ち込んで、ゆっくりと読書できました。
また、読み終わってもすぐに新しい本をダウンロードできるし、1つあればかさ張らない。
自分が用事で外に出ている間も、同行者にKindleを読んで待っていてもらうこともできるし、重宝しました。




2017年11月5日日曜日

フィジー旅行に3週間行った費用全公開

フィジーに行ってきたので費用とかもろもろ書きます。

構成:家族3人(幼児1名)
時期:10月14日から11月4日
為替:1FJD = 62.25円


航空券

日本からフィジーへの直行便は現在ありません。
フィジーの人も残念がっていましたが、そのため日本人の旅行者は少ないです。
僕はGoogleフライトで予定の季節で一番安い航空券を探しました。
その時あったのは、エアニューギニア航空です。
パプアニューギニアのポートモレスビーで5時間トランジット、ホニアラで50分給油してのフライトで、往路18時間、復路は15時間かかりました。

大人:往復95,480円
子供:往復64,690円

海外保険

長期で海外に行くので、病気や怪我の事を考えて、海外保険に入ります。
ただ、大人はクレジット付帯の保険があるので、子供だけ損保ジャパンの保険に入りました。内容はカスタマイズで、携帯品は0円にしました。

保険料:7,820円

ネットワーク

旅行に行く数ヶ月前のネット情報では、ポケットWi-Fiは高すぎて使えず、USBWi-FiかSIMフリーのWi-Fiを、という話だったのですが、最近ボーダフォンからポケットWi-Fiで月に50FJDで50GBのプランが出たということで、それを空港で購入しました。50GBはよっぽど動画など観なければ、家族で1つで十分でした。

本体:99FJD
50GB:50FJD

ボーダフォン公式ページ

ホテル

僕は今回は知人がフィジーに滞在していたので、最初の1週間は知人宅に滞在させてもらい、残りをホテルで過ごしました。安く抑えるのであれば、AirBNBがありますが、小さな子どもがいるので今回はホテルにしました。

入国直後の1泊:Tanoa international 195FJD
ここは知人に抑えてもらったことと、入国が夜になったため、とくに思い入れがないです。写真もないですが、空港に近く、綺麗な良いホテルでした。和食店が入っていました。

サウスパールパシフィックリゾート


1泊12,730円
フィジーでは高級リゾートに入るでしょうか。hotels.comで予約したので45%オフでしたが、さらに朝食ビュッフェ(大人2人4,000円相当)が毎日付いていたのでお得感ありました。

ここは歩いて15分のところに地元のショッピングモールがあり、5件くらいのレストラン、お土産屋、スーパーがありました。モール内のハンバーガーがとても美味しかったです。
またホテルの正面にも小さなスーパーと、The Establishmentという美味しいレストランがあります。

ホテルのビーチは、(日本よりは遥かに綺麗ですが)波で砂が舞っているので透明度は高くありませんでした。

ナヴィティリゾート


1泊11,490円
こちらは海の綺麗なコーラルコーストのホテルです。陸の孤島のように周りに施設はありません。
このホテルは、子供向けのサービスが充実していて、朝の10時から夜の10時まで、キッズクラブがあり、5歳以降はずっと預けられます。歌やゲームや踊りやプールなど充実した遊びを提供してくれます。そのため、たくさんの子連れが泊まっています。

そして、子供は朝昼晩のビュッフェが無料!飲み物も無料!!
なので、朝はみんなでビュッフェを食べつつ、昼夜は子供はビュッフェ、自分たちは部屋でカップ麺をすするという、涙ぐましい生活で食費を抑えていました。子供のビュッフェに付き合うと、必ずスタッフの方が「飲み物でも?」と聞いてきますが、強い心でお断りをしました。「あの日本人、金を使わねーな!」と裏で言われていたかもしれません。

買い物は、月水金にホテルから近隣のシンガトカまでの買い物ツアーが10FJDで出ています。体力があれば、ホテルから歩いて20分くらいのところに小さなスーパーはあります。

ホテルの人工ビーチは特に綺麗ではないですが、少し離れたらめちゃくちゃ綺麗な海があります。
ホテルでスノーケリングやカヤック、SAPを無料で借りられるので、1日楽しめます。

ヒルトンフィジー ビーチリゾートアンドスパ


1泊16,359円
さすがヒルトンというべきか、ホテル全体、とても綺麗でした。設備も充実しています。僕の泊まった部屋は、IHキッチンあり、BBQ設備あり、食洗機あり、洗濯機乾燥機あり、部屋の真ん中に浴槽ありと、豪華でした。(格安プランですが、偶然空いていたみたいです)

キッズクラブも広い園庭があり、子供もめいっぱい遊べます。

ホテルのレストランはとても高いですが味は美味しいです。近くの港にショッピングモールがありますが、こちらもお高いですね。黄色いwestbusが1FJDでナンディタウンまで行けるので、ナンディで買い物するといいでしょう。

スタッフもあらゆることにできるだけ対応してくれますので、安心して相談できました。

残念なところは、ポケットWi-Fiが2Gまでしか入らなかったので、テキストメッセージくらいしか送れなかったところでしょうか。

あと、初日に電源設備の故障で、自分の泊まっている棟から外側に向けて1時間ほど全棟停電になりました。日本であれば何かしら特典や割引がついてくるでしょうが、ドアに「ごめんね☆」という手紙が挟まっていました。流石です。


ホテル合計:14泊182,315円(1泊13,022円)

スバの街

最初に滞在したのは、スバというフィジーの首都でした。
スバは国際空港のある観光地ナンディと比べても別格に都市的でした。

デパートやモールが多いし、どのカフェも美味しかったです。ピザやハンバーグなど、レストランも美味しく、過ごしやすい街でした。
フィジーはイギリスの植民地だったこともあり、紅茶がメインなので、紅茶はコーヒーに比べて安いです。例えばアイスティーが3FJDとして、アイスコーヒーは6FJDくらいになります。カフェはだいたい3FJD、高級店で9FJDくらいまで幅があったように思います。

商業の中心街は西側のタプーシティがある辺りで、大きいショップングモールは東のダモダーシティです。タクシーが安く、近くなら2FJD(120円)、離れていても5FJD(300円)くらいで移動できるので、基本はタクシーの移動になります。

夕方にもなれば徒歩の外出は避けるべきだそうです。

スバでは3回、地元の保育園に子供を預けてみました。1回10FJDで午前中のみです。沢山地元の子供達と遊んだようです。ちょうどインドのお祭り「ディワリ」の時期だったので、みんな民族衣装で着飾っていました。

ただし、スバは観光地ではないので、観光目的のアクティビティなどはありません。
旅の途中で1時的に立ち寄って都市生活で心身を整えたりはできそうですね。
ただ曇や雨が多く、天気の良い日は少ないようです。

ナンディ

ナンディは短いメインストリートを中心に少し商店がならんでいる感じです。
半日しか歩いていないので、あまり詳しくありませんが、大きなバスステーションが南東にあり、その傍に野菜や果物が安いマーケットがあります。バナナ1房で1FJDくらいです。
スーパーが3つほどあり、日用品は困らなそうです。
道路や建物は老朽していて、おしゃれな店舗はなさそうでしたが、新しいレストランやデパートが改装中のようでしたので、これからお店も増えるかもしれません。

移動

フィジーに入国してからまずスバに移動しましたが、この移動は有り難いことに知人が車を出してくれました。またスバから次のサウスパシフィックリゾートも同様で大変助かりました。

その後、サウスパシフィックリゾート→ナビティリゾート→ヒルトンと、西に西に移動しましたが、この移動はバスを使いました。

EXPRESSバス

都市間の移動はタクシーだと200FJDとか300FJDとかかかってしまうので、高速バスを使いました。大きく2社あり、灰色のパシフィックと、太陽の絵が描いてあるサンビームです。ホテルの前で手を上げると止まってくれます。
降りるときもホテルの前で降ろしてくれました。

サウスパシフィックリゾート→ナビティリゾートで1時間かかり1人5FJD、ナビティリゾート→ヒルトン(ナンディタウン)で1時間半かかり1人7.25FJDでした。

バスは狭く、しかもフィジアンは大きいので隣同士になるとけっこう窮屈です。また午前中移動だったからかもしれませんが、毎回ほぼ満席で、へたしたら乗れない可能性もありました。道路はかなり凸凹しているので、酔います。

タクシー

最後のヒルトン→空港は早朝だったためバス等が無く、タクシーとなりました。これは45FJDかかりました。


食事

食事はスーパーなどで買う食材は安いです。
パンが日本の2斤分くらいで0.7FJD(45円)で買えたり、バナナ1房62円で買えたりします。カップ麺は韓国製かフィリピンと日進の合作くらいしかないです。1.5FJD〜4FJDくらいです。ビールは大瓶750mlが6FJD(370円)くらいです。
外食はレストランだと食堂のようなところは3FJD(186円)でお腹いっぱいだけど、モールだと20FJD(1,245円)くらいかかったり、ホテルだと40FJD(2,490円)くらいかかったりします。

食中毒

フィジーは高温多湿なので、食材が痛みやすく、食中毒になりやすいそうです。水道はだいぶ綺麗になっているそうですが、それでも一度煮沸して飲みます。
けっこう気をつけていたのですが、帰国3日前にやってしまいました。

汚い話注意です。

何であたったのかはわかりませんが、日にちをずらして全員体調を崩しました。
僕は帰国3日前。ヒルトンホテルに移動した日の夜ですので、その前に口にしたものでしょうね。

次の日はヤサワ諸島クルーズを予約していたので、21時にベッドに入りました。
目が覚めたのが0時半。吐きそうな気持ち悪さと、物凄い空腹感を感じました。
ただ単に胃痛と空腹感を混同していただけなのですが、とにかく目が覚め、トイレ感もあったのでトイレにいくと通常便。それからまたトイレ感があったので何度かトイレに行くと、しだいに水便へとなっていきました。4時位まで強い空腹感で眠れずトイレを繰り返し、6時になっても状態は良くなかったので、ヤサワクルーズは電話をして次の日にずらしてもらいました。

朝になると便はほぼでなくなり、あとは胃が張るような気持ち悪さだけ収まるのを待つだけだと思い、ベッドで横になっていましたが、一向に良くならず。空腹感があるのでちょっとしたものを口にすると、すぐ嘔吐感をずっと感じていました。ただせっかく食べたものを吸収せずに吐き出すのはもったいないという意地汚い性格なもので、吐いてはいませんでした。

18時になって、とにかく一回吐いてみてはという妻の言葉で、よしじゃあ吐いてやろうじゃないかといきり立ち、ホップステップジャンプでトイレに向かうと、堰を切ったように、顔全体から嘔吐してるんじゃないかという勢いで、1ターンに8回くらい戻し、とたんに全身から汗が吹き出しました。

それからスッと体調も良くなり、次の日には無事にヤサワ諸島にクルーズに行けました。

結論:吐きそうなときは、迷わず吐け


最終費用


ホテル182,315
航空券255,650
保険7,820
ネット9,267
クルーズ23,387
移動費5,542
食費76,350
雑費11,441
お土産代11,185
合計582,955


写真

村の写真

ディワリ衣装の保育園

スバのカフェ
The Establishment

サウスパールパシフィックリゾートの朝食
mauibayの公共公園

ナヴィティリゾートの夕日

ナヴィティリゾートでSAP
ヤサワ諸島

ベアフット島の透明な海



2017年1月23日月曜日

友人の結婚式に行ってきた話

先週末、大学の軽音楽部仲間の結婚式に出席しました。

余興をお願いされていたので、金曜に東京から名古屋に移動し、スタジオで練習、土曜の本番に臨むことに。

東京の友人と車で向かうということで、当日、家まで迎えにきてもらったところ、家につくなりトイレを貸してくれと。
快くトイレを貸して待っていると、やばい、やばいとの声。
トイレに行くとトイレが詰まって水が波々に溢れかけていました。

スッポンどこ?と聞かれるも、そんなものは無く。
無いと答えると、普通スッポンくらい置いてるだろうと。
いや、東京来てから1度もトイレを詰まらせたことないよ。

仕方なくスッポンを買いに行って家に戻ると、水が引いている。
おや、詰まりが解消したかと水を流すと、波々再び。
すぐにスッポンで問題の解決をしました。

このロスもあり、名古屋に付くのがスタジオ時間ぎりぎりに。
観光どころではありませんでした。

本番は、新郎に歌わせる1曲の他に、サプライズにもう1曲用意する予定だったので、新郎とのスタジオ練習の前に2時間、サプライズの練習。
その後、新郎をさり気なく加えて3時間の練習。

ところが先にサプライズ曲を2時間みっちり練習したので、飽きてきた僕達。
練習もそこそこにトイレ詰まり事件など面白おかしく雑談していると、友人の1人がどぶろっくの「もしかしてだけど」をその場でコピーしだし、最終的に30分くらいで皆コピーが完了したので、その場で歌詞を考えて、本番で披露することに。

歌詞は、新婦の親類が引かないぎりぎりのシモネタを入れるため、議論を重ね、仕上げました。おっぱいは駄目と言われました。

そんなわけで、本番は、「もしかしてだけど」「糸」、サプライズの「MarryYou」を演奏し、(たぶん)盛況に終了。
新婦にも喜んでいただけました。

式の後は軽音仲間で深夜まで飲み明かし、タクシーでホテルに戻ることに。
タクシー内では、「ホテルのカミソリ使ってる?」「使ってるけど、血だらけやねん」とたわいもない雑談をしていると、急に運転手さんがメーターを止めました。
え、降ろされるの?と思ったら、「今日の仕事はとても暇だったんだけど、お客さんの会話が面白すぎて、ひま疲れが飛びました。ありがとう。料金はここまでの料金で良いです」とまさかのディスカウント宣言。
雑談もしてみるものですね。

さて、翌日曜日は、名古屋城を観光し、東京に向かったのですが、途中で高速道路の掲示板に「事故渋滞」の文字が。
ネットで調べると、名古屋から東京に向かって厚木ICの先で1件、厚木ICの前で1件の事故。渋滞の表示がもりもり伸びていました。

厚木に近づいたところで、厚木ICの先の自己処理は終わったようで、厚木先の渋滞は解消に向かいました。後は厚木前の事故のみ。厚木IC直前の中井SAに入り、食事でもして時間を潰して自己処理を待とうと、中井SAに入って速報を確認すると、事故が2つ増えました・・・。
渋滞の列に後ろから突っ込んだのか、またもりもり渋滞表示が伸び始めたので、すぐに車に戻り、秦野中井ICで降りて下道で迂回し、厚木ICに戻ることに。秦野中井ICを降りてしばらくすると、中井SAあたりまで渋滞が伸びたので、間一髪でした。

そうして無事に東京に帰還。
3日間の旅、本番への緊張疲れ、笑い疲れで帰宅して即爆睡。
10時間寝るも疲労困憊で迎えた月曜日でした。

おしまい。



2016年1月15日金曜日

EC2にRuby on Rails環境を作る

いろいろな記事を参考にして、自分の場合はこれでできたメモ。
まっさらのEC2を立てる。

まずアップデート。
#sudo yum -y update
#sudo yum -y install git gcc-c++ glibc-headers openssl-devel readline libyaml-devel readline-devel zlib zlib-devel libffi-devel libxml2 libxslt libxml2-devel libxslt-devel sqlite-devel ruby-devel
railsをインストール
#gem install rails
Gemfileを開いて、therubyracerの行のコメントを外す
#vi Gemfile
また、適当なソースにrequireを追加
require 'v8'
そのうえで、
#gem install libv8#bundle install
バンドルができたら、
#rails s
動けばOK。

rbenvでrailsのバージョン管理

ruby-buildインストール
#git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git
#cd ruby-build
#sudo ./install.sh

rbenvインストール
#git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
#echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
#echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
#source ~/.bashrc
#exec $SHELL -l
#rbenv install -l
で一覧がでたら成功かな
#rbenv install 2.2.3
#rbenv rehash
#rbenv global 2.2.3







2016年1月12日火曜日

makita掃除機CL100DWを買いました

オフィスで長いことエルゴラピードを使っていました。


2008年からなのでかなり長かったのですが、ついにバッテリーが寿命を向かえまして。
バッテリーを交換するにはハンディクリーナー部分を買い換える必要あり、とのことで、この機会に掃除機を変えることにしました。

候補はmakitaのクリーナー。
廉価でシンプル、使い勝手が良い、との噂でしたので。

makitaクリーナーは大きく4種類あるんですね。
パワー強パワー弱
サイクロン
CL140FDRFW

CL100DW
紙パック
CL182FDRFW

CL102DW

まずはサイクロンの方が集塵パワーが強いようなので、サイクロン。
そしてパワーの強弱で金額が8,000円くらい違うので、安い方のCL100DWでいいかなという結論で、CL100DWを購入しました。

使ってみた感想

エルゴラピードと比べると、かなり細身で軽い印象です。
スイッチの強弱はないですが、問題なしです。
集塵力も問題なし。最初に試したら、パックいっぱいに埃が取れました。

充電が、エルゴラピードのように本体ごと充電器に立てかけるというものではなく、充電器を外して充電する方式なのが、少し手間ですが、まぁ少しです。

ただ、本体の長さが女性用なのか少し短いので、少々腰に負担があるのが気になりますが、掃除の時間はさほど長くないので、よしと思います。




2015年11月14日土曜日

奴隷のしつけ方

久々にローマ関係の本を見つけたので購入。
その名も「奴隷のしつけ方」

”奴隷”というと、鞭で叩かれながら大きな石を運びピラミッドを作り、酷使されたあげる命を落とす、そんな過酷な使役を思い浮かべる方が多いと思います。
奴隷と一口に言っても、それは時代や文明によって大きく内容が異なります。
本書は、古代ローマ時代の奴隷とはどういうものだったのか、マルクスという架空の人物による指南書という体裁で紹介する本です。古代から遺っている蔵書の中に、断片的に触れられている奴隷についての記述をわかりやすくまとめられています。

内容は、主人の心得、奴隷の買い方、奴隷の活用法、奴隷の罰し方、奴隷の解放といった運用面についての説明と、奴隷と性、奴隷は劣った存在かなど風俗や社会通念にも踏み込んでいます。

古代ローマファンとして、通常のローマ本からはなかなか知り得ない奴隷の実情を知るのは楽しいことですが、本書から何かしら現代に活かせる内容を読み取るのもまた面白いかと思います。
昨今は”ブラック企業”という言葉が生まれ、従業員が自らを自虐的に”社畜”なんて呼ぶこともあります。従業員と奴隷はもちろん全然違いますが、”人にどう仕事をしてもらうか”という点では、共通する部分もあるのではないでしょうか。

古代ローマ時代の奴隷は、基本的には戦争で敗れた他国民です。他には借金のカタに自分を売った人、孤児、海賊に誘拐されて奴隷商人に売られた人たちがいます。
奴隷の仕事は、農園や鉱山の肉体労働だけでなく、給仕や清掃、雑務、帳簿の管理、理髪、教師、医師など多岐に渡ります。奴隷のスキルに合わせてなんでもしていました。現代でいえば、労働力であり、家電であり、パソコンでもありました。ローマ市民(自由民)との相違点は、主人の所有財産であり、法的な人格を持たなかったことです。

しかしながら当然奴隷も人間。
喜びもするし腹を立てたりもします。戦争で負けて奴隷にはなったものの、できれば人間として生きたいと望みます。
ですから、いかに主人の所有物といえども、モチベーションが無ければ全力でサボりますし、残酷に扱えば主人の寝首を掻くこともあります。

そういうわけで主人は、いかに奴隷をマネジメントし、お値段以上の価値を出させるか、苦慮していたわけです。

奴隷との関係は、購入のときから始まります。奴隷の相場価格は、今でいうと40万円くらいでしょうか。けっして安くはない買い物ですので、いかにサボらない、勤勉で忠誠心のある奴隷を見つけるか、そこから勝負なわけです。また農場か、給仕か、財務か、必要な仕事にあわせて奴隷を探さないといけません。

*奴隷の価格は1000セステルティウス。4人家族の主食2年分だそうです。ローマの長い時代では一概に換算できませんが、パンの価格から計算すると40万円くらいになるようです。

そして購入をしたら短期間で仕事を覚えさせ、使いこなさなくてはいけません。
飴と鞭をバランス良く使い分けます。甘すぎると増長し、厳しすぎると反抗します。
金銭であったり、ワインであったり、自由時間であったり、または責任ある立場を与え、向上心を呼び起こします。少々の失敗はきつく罰せず、とはいえ他の奴隷に示しがつく程度の罰則を課します。
怒るべき時には怒ります。必要であれば懲罰代行サービスを呼び、むち打ちなどさせます。自分で行わず第三者を挟むのは、自分への恨みを逸らす効果があります。ただし奴隷はあくまで財産ですので、罰しすぎて体調を崩させては仕事になりません。
そして最後は奴隷を解放することができます。奴隷解放にも税金がかかりますが、自分に尽くしてくれた奴隷への最大の労いとなります。解放した奴隷には、快く独り立ちのお膳立てをしてやり、新しい人生の門出を祝ってやります。

こうして良い働きには報い、悪い行いは公正に罰し、家族(ファミリア)という社会単位のバランスを絶妙に取るのです。

年老いて使えなくなった奴隷は捨てるのではなく、最後まで責任を持たなければなりません。無意味に何百人も奴隷を買って金持ちアピールをするのではなく、品とスキルのある奴隷を使いこなすのが主人の評価をあげます。リーダーは生まれつきリーダーなのではなく、”なる”ものです。そして主人と奴隷の違いも生まれつきではなく、運命のいたずらに過ぎないのです。
公正に寛大に振る舞い、過ちを許し、言葉をかわし、食事を共にする。
これが古代ローマ人のあるべき主人の姿です。

本書にはこうした奴隷をいかに使いこなすかということについて、例を交えて解説しています。
読み通してみると、「自分はこの本に出てるような、いけすかない主人になってしまっていないだろうか?」「自分はブラックなファミリア運営をしてしまっていないだろうか?」「自分の従業員が最大限のパフォーマンスをあげるようなマネジメントできてるだろうか?」「従業員の独立を、祝ってあげられてないな」なんていろいろ気付くかもしれません。

そんな古代ローマを紐解く「奴隷のしつけ方」。一度読んでみてはいかがでしょうか。最後に、従業員を奴隷扱いするのはダメ、絶対。






2015年10月29日木曜日

Heroku + Resque + Redis Cloud とても苦労した

何日か唸ってようやく動きました。

なんかresqueのバージョンだとによっても設定が違うみたいなので、1例としてみてください。
Herokuに、Redis Cloudを使っています。
最終的には、Procfileの赤字部分の書き方で詰まっていたようでした。

Gemfile
gem 'rails', '4.2.3'
gem "resque"
gem 'redis'

config/environments/production.rb
config.x.resque.redis = ENV["REDISCLOUD_URL"]

Procfile
resque: env TERM_CHILD=1 QUEUE=* bundle exec rake environment resque:work

config/initializers/redis.rb
if ENV["REDISCLOUD_URL"]
  $redis = Resque.redis = Redis.new(:url => ENV["REDISCLOUD_URL"])
end

config/initializers/load_resque.rb
require 'resque'
Resque.redis = Rails.configuration.x.resque.redis

キューに放り込むところ
Resque.enqueue(Test:: Updatetables, article.id)

実行ファイル
module Test
  class Updatetables
    @queue = :default
    def self.perform(id)
      article = Article.find_by(id: id)
      article.save
    end
  end
end